ご挨拶

 わが国企業が世界に通用する技術イノベーション・サービスイノベーションを生み出すためには、海外企業とさまざまな形態で積極的に取引することが欠かせない時代になっています。また、わが国市場をイノベーションで活性化させるためには、海外企業による投資を積極的に呼び込むことも必要です。しかし、そのためにわが国の営業秘密を海外で共有することや、海外の営業秘密を国内で共有することが急増しており、これが営業秘密の海外流出によるわが国の国際競争力低下や、加害者として海外から巨額の損害賠償請求を受けることの原因になっています。


 企業が対応すべき営業秘密保護実務は多岐に渡っており、これら全てをバランス良く実施できる企業はまだ限定されると考えています。山積みされた課題を少しでも多くの企業が克服し、我が国企業の国内外での競争力を維持するとともに、海外企業からも魅力的な国内市場を持続させるため、企業の営業秘密保護の取組みを、国際法務も含めて実務面から具体的に研究することを目的として、このたび、「営業秘密保護推進研究会」を設立しました。


 グローバルリスクを実務面で軽減することで、投資によるイノベーションを促進し、わが国企業の国内外での競争力を維持し、海外企業からも魅力的な国内市場を持続させるための活動を展開していく所存です。なにとぞご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


2016年1月吉日
営業秘密保護推進研究会
会長 橋本 正洋