会員種別と入会メリット

 

営業秘密保護推進研究会への入会をご検討いただきありがとうございます。

当研究会では、会の設立趣旨及び活動・運営にご賛同いただける法人、団体、個人の方に会員としての参加をお願いしております。



会員種別と費用
 

正会員     法人・団体として登録する会員

賛助会員    大学法人などで、事務局から認可された団体会員

個人会員    個人として登録する会員

事務局会員   正会員のうち、事務局を構成する会員

現時点で入会費、年会費は発生しません。

分科会参加時には、別途運営実費相当程度の費用負担をいただく予定ですが、賛助会員については免除となります。



入会メリット

当研究会の活動にご参加いただくことで、改正法における判例情報など、営業秘密保護に関する最新トピックスが入手できる他、同様の課題意識を持つ他社の実務担当者との情報交換や課題深堀りの検討機会を得ることができます。また、グローバル時代を見据えて、海外における営業秘密保護の制度情報を学ぶこともできます。

これらを通じて、自社の営業秘密保護実務の高度化を目指していただくことが可能です。

具体的なメリットは以下の通りです。(今後の予定を含みます)

 ・総会での表決権(正会員のみ)

 ・分科会への参加

 ・分科会の発案

 ・会員専用Webページの閲覧

 


注記)

※1 法人会員の場合には、所属役員・従業員にメリットが適用されますが、個人会員の場合は会員ご本人のみへの適用となります。

※2 正会員、賛助会員としてご入会をいただいた場合には、当研究会Webサイトにて企業・団体名を公表させていただきますので、あらかじめご了承をお願いいたします。

※3 会員種別や費用については変更になる場合があります。規約の変更を伴う変更については、研究会の総会にて報告、または審議します。詳しくは研究会規約会員規約をご覧ください。