【開催終了】

第10回オープンセミナー

「企業発データを取引する時代へ -データ取引を事業に活かすための戦略と制度基盤-」

主催:営業秘密保護推進研究会

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

このたび、APPTraSでは第10回オープンセミナーとして、「企業発データを取引する時代へ -データ取引を事業に活かすための戦略と制度基盤-」を開催いたします。

昨今、DX時代の本格的到来を控え、データ利活用は企業の重要戦略の1つと認識されており、企業が生み出すデータ資源は確実に増大し、データ技術への投資も活発に進んでいます。しかし、これらが必ずしもデータ活用における成果に直結しているとは言い難い現状が課題となっております。
そこで、第10回オープンセミナーでは、東京大学政策ビジョン研究センターの渡部俊也教授をお招きし、独立行政法人経済産業研究所(RIETI)にて実施された「企業において発生するデータの管理と活用に関する研究」と、データ利活用を成果に繋げるための成功要因等について、研究成果をご紹介いただく予定です。

また、安全なデータ利活用を促進するための制度基盤として、不正競争防止法の改正に伴い、限定提供データに係る不正行為に対する民事措置の創設と、合わせてその施行に向けた準備として、本年1月に「限定提供データに関する指針」が公開されました。当指針の公開を受け、経済産業省からご担当者をお招きし、指針の意図・内容と関連する最新政策について、ご紹介をいただく予定です。

以下、オープンセミナーの詳細です。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

敬具

【日 時】

​ 2019年3月18日(月) 14:00~16:00

【会 場】

 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター1階国際会議室(JR田町駅芝浦口から右方向の階段を下りてすぐ)

  〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6

   ※前回とは場所を変更しております

   ※アクセスの詳細についてはこちらからもご確認いただけます

【定 員】  70名

【参加費】  無料

【プログラム】

1.講演 

(1)「データ利活用を成果に繋げるための成功要因 -「企業において発生するデータの管理と活用に関する研究」の成果より」(仮称)

14:00~15:30

東京大学政策ビジョン研究センター教授、日本知財学会会長 渡部 俊也先生

(2)「「限定提供データに関する指針」及び関連する最新政策について」(仮称)

15:30~16:00

経済産業省経済産業政策局 知的財産政策室 室長補佐 水野 紀子様

【地 図】

以上